プールで何着る?ママ135名の「水着選びのリアル事情」

プールで何着る?ママ135名の「水着選びのリアル事情」

ママはプールや海で何着るのが正解?産後もビキニはアリ?母親135名の水着選びの最新事情を調査し、ママの“水際ドレスコード”を明らかにします。

今年も夏が来た!

水着選び ママ 何着る 海水浴 40代

今年も海開き・プール開きの時期がやってきましたね。暑い夏、「泳ぎに行きたい!」とねだる子どもたちと一緒にプール再デビューするママも多いはず。久しぶりに泳げるのは楽しみな反面、子連れでプールや海に出かけようとした時、みんな深く悩むのが「水着選び」なんです。

なぜママの水着選びは難しいのか?

スタイリストで自身も一児の母であるMikoさんによると、ママの水着選びが難しいのには理由があるそうです。

ビキニ 30代 イタい? 何着る 海

プールや海水浴場では、肌を露出したファッションが「基本」となります。だから、ビキニやワンピースタイプの水着で肌見せすると、若々しく涼しげな印象になります。オシャレやモテ、“映える”ことなど、他者からの評価を優先するなら潔く肌見せするのがベストなんです。
Photo by djile/Shutterstock

保護者 海 子連れ 産後 ビキニ トッパー おしゃれ

でも、母親になると「肌の露出はできるだけ抑えたい!」と考えるようになります。なぜなら私たちは、抱っこした時にポロリする危険があるビキニは避けたい、産後のふっくらボディを隠したい、紫外線から肌を守りたいと思うもの。それに、セクシーな水着でママ友に会うのは気まずいし、他のパパや男性の視線も気になりますよね。様々な条件を総合すると、ママはできるだけ露出の少ないスイムウェアを選びたいと思うのが当然!
Photo by YanLev/Shutterstock

水着選び ビキニ 痛い 30代

「オシャレ感を優先したらビキニだけど、肌は隠したい。かといって全身ラッシュガードはダサい?」と、『見せると隠す』の狭間でママの考えは堂々巡りし、何を着るべきか迷いに迷うようです。母親になると水着選びに悩んでしまう理由、それはプールや海での肌見せのさじ加減がとても難しいからなんです。

みんな何着てる?ママのリアルな水着事情

そこで、ママキレイ総研では、30代・40代のママにアンケートを実施し、今どきの水着事情をリサーチ!プールや海水浴場におけるみんなの肌見せ度合いを分析し、ママの“水際ドレスコード”を明確化しました。

みんな泳ぎに行ってる?

ママの水着事情 調査レポート

3・40代のママ270名のうち、この5年間でプールや海に行ったママの比率は、ちょうど半分の135名でした。子どもの年代で見ると、小学生ママが最も遊びに出かける比率が高く、67%にのぼる人が子連れで泳ぎに行っているようです。

水着派?それとも洋服派?

母親 水着事情 最新 アンケート 洋服のまま

では、みんなはプールや海水浴場で何を着ているのでしょうか?「この5年でプールや海に行った」と回答した135名に、「水際では何を着て過ごすか」尋ねたところ、9割にのぼる大多数の人が水着で過ごすという結果に!子どもの水遊びはパパに一任する「洋服派」は少なく、子どもと一緒に水に入って楽しむ「水着派」がほとんどのようですね。

ママの水着コーデランキング!

ここからは実際にどんなタイプの水着を選んだのか、ランキング形式で発表します。併せて「ママ達が目撃したイタい水着の着こなし/ステキな着こなし」、「スタイリストからの水着選びアドバイス」もご紹介!

全身ラッシュガード ダサい 黒 保護者

第1位は、露出が最も少ない「上下隠す派」でした!ラッシュガードやスパッツ、“水陸両用”のTシャツや短パンなどを着て、上半身も下半身も隠すママが33%に上りました。「最近、ママのほとんどがラッシュガードにタイツのような無難な格好になった(大阪府・40歳・小学生ママ)」と言われており、地元プールで浮かない母親らしいスタイルが“最大派閥”になっているようです。

埼玉県・38歳
【NG!】グアムで、全身ラッシュガードで黒づくめ。ぶっちゃけ「何しに来たんだろう」と思う。焼けたくないのはわかるが、やりすぎ。
37歳・茨城県
【Good♡】海水浴場で、水着にショートパンツとパーカーを日焼けしないように羽織っていたお母さん。ショートパンツからの脚がスラリとしていてステキだった。
千葉県・37歳
【Good♡】隠すところは隠して、品よくしている人が素敵だなと感じた。

\ スタイリストからのアドバイス /

上下隠すスタイルは主流派ではありますが、リゾート感のある海外ビーチやホテルのプールにおいて隠しすぎはNG!ラッシュガードで頭の上から足の甲まで完全防御する“モジモジ君”スタイルは、本人にとって実用的ではありますが、周囲には暑苦しい印象を与える恐れが。「気になるお腹まわりは隠しつつも、ふくらはぎと足首は出す」というように、場の雰囲気を壊さない涼しげな水着コーデを心がけるのが大人のマナー。

 

ランキング 水着選び トッパー おしゃれ

第2位は、水着の上にラッシュガードやTシャツなどを羽織る「上半身だけ隠す派」でした。水に入っても視線や紫外線を浴びる上半身はガードしながら、下は水着のみという抜け感のあるスタイルも人気があるようです。

東京都・38歳
【NG!】そんなに若くない人が、明るすぎるピンクのラッシュガードを着て悪目立ちしていた。
33歳・静岡県
【Good♡】1つ年上の同僚は、水着と羽織りをうまく組み合わせていた。肌の露出もちょうど良く、素敵だった。
宮城県・43歳
【Good♡】ビキニにパーカー風の水着を羽織って、颯爽と歩いていた女性が魅力的に見えた。

\ スタイリストからのアドバイス /

実用的でありつつ、「見せる」と「隠す」のバランスが取りやすいのが、「上だけ隠す」スタイルなんです。一昔前まで、水着の上に羽織るものというと、地味なラッシュガードだけでしたが、最近は種類が豊富に!サーフガール風ラッシュガード、Tシャツやレースガウンなど洋服見えする“水陸両用”のトッパーがたくさん販売されています。中に着るビキニや体型に合わせてコーディネートすると、オシャレ見えが叶いますよ。

 

ワンピース水着 ママ 比率 アンケート

第3位は、ワンピースタイプの水着を単品で着るスタイルでした。「同世代ではワンピース型の無難な水着が多かった(大阪府・47歳・小学生ママ)」というように、産後のお腹をさりげなく隠せるワンピース水着は、ママの強い味方!

兵庫県・41歳
【Good♡】子供を連れたお母さんがワンピースの水着をきれいにきていて、スタイルもよく、健康的な感じがしてよかった。

\ スタイリストからのアドバイス /

「ママだけど、ラッシュガードなしで水着を着たい」という人は、露出が少ないワンピース水着にぜひ挑戦してください。うれしいことに、ワンピースタイプの水着は、2018年流行中なんです。二の腕が隠せるオフショルタイプ、お尻周りにスカートが付いたタイプなど、体型カバーとオシャレを両立したワンピース水着が今年は豊作!

 

ビキニ 着用率 調査 女性 30代 40代

第4位は、ラッシュガードを羽織らない「ビキニのみ」というスタイル。産後も露出度高めのビキニを着る人は、全体でみると8%と、やや少数派のようです。

三重県・31歳
【NG!】子どももいる人がセクシーすぎる水着を着るのは「ちょっとどうかな」と思う。
32歳・山口県
【NG!】海水浴場でお腹や二の腕にお肉が付いている方が、かなり布面積の少ないビキニを着ていて、正直見た目がキツかった
東京都・40歳
【Good♡】中年なのにスタイル抜群で、綺麗にビキニを着こなしているママは羨ましいと思った。

\ スタイリストからのアドバイス /

若々しくカッコよく着こなせば、みんなの視線を集め「憧れの美人ママ」になれるビキニですが、デザイン選びには注意が必要です。目のやり場に困るようなセクシーすぎるデザインは、「ママになったのに気負いすぎ」と悪目立ちする危険性大!胸元やお尻などの露出が少ない上品なビキニを選ぶようにしましょう。

 

タンキニ ダサい? 30代 40代 

そして第5位は、上半身部分がタンクトップになっており、腕は出しながらも体型カバーできるタンキニでした。ほどよく肌見せできるため、一時期ママたちがこぞってタンキニを着ていましたが、この数年、タンキニ人気はやや下火。タンキニ派は、トレンドのワンピース水着に移行しているようです。

水着事情 30代 40代 調査 集計

そしてラストは、上半身はビキニだけで、下だけ短パンやパレオなどで隠す派でした。みんなが隠しがちな上半身をあえて水着だけにすることで、健康的な肌見せができます。

30代と40代で水着選びはどう変わる?

40代 30代 ビキニ 着用率 イタい

30代と40代で大きなギャップがあったのは、「ビキニのみ派」でした。前述のとおり、「ビキニのみ派」は全体では8%という結果でしたが、30代前半ママだけでみると、なんと3人に1人がビキニのみ!しかし、アラフォーを迎えるとビキニのみ派は減少し、40代後半には0%に!アラサーママであれば、ビキニのみもアリのようですが、40代ママの場合、色々な意味で目立ってしまう可能性があるようです。

みんなの水着事情から導き出す「水際ドレスコード」

ドレスコード 水着事情 産後 子連れ 30代 40代

みんなのリアルな水着事情を元に、ママキレイ総研的「ママの水際ドレスコード」を設定!

・ラッシュガードやトッパーを羽織って上半身を隠すのが、母親の基本スタイルです。もし上下共に隠す場合は、自分の装いが周囲からどう見えるか気を配り、夏の海やプールにマッチした涼しげなコーデを心がけるようにしましょう。

・羽織りナシで水着のみで楽しみたいなら、上品な肌見せできるトレンドのワンピース水着が今年はおすすめ!30代前半のママの場合、ビキニもOKです。ただし、母親らしい落ち着いたデザインを選び、きちんと体型管理するのが大人のたしなみです。
Photo by Tom Wang/Shutterstock

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
分析対象:日本在住の子供のいる30代・40代女性270名。水着事情については、「直近5年間プールや海に行った人」175名の回答を集計。
調査時期: 2018年5月

もしよい記事だとお感じになられたら、シェアしていただけるとうれしいです♡