母親270名に調査!今どきママに人気の親子浴衣コーデ10選

母親270名に調査!今どきママに人気の親子浴衣コーデ10選

2019年、夏祭りや花火大会の時に、ママも浴衣にチャレンジしよう!アンケートから判明したママに人気の浴衣の色、失敗しない親子浴衣コーデ術をご紹介します。

子連れでも浴衣を楽しもう!

母親 ゆかた 紺 帯 親子コーデ

夏が近づき、幼稚園の夏祭りや盆踊り大会が開催される季節が来ました。夏イベントは、気軽に和装を楽しむことができるチャンスです。2019年は、思い切ってママも浴衣に挑戦してみませんか?親子で一緒に浴衣や甚平を着れば、夏の1日がさらに思い出深いものになるはず♡

今どきママの浴衣事情を調査!

インターネット調査 ママ 30代 40代 

でも、いざ浴衣を着ようと決心しても、「地元の夏祭りで浮かない?」「ママ友から気合入りすぎって思われるかも・・・」と、不安がよぎりますよね。そこで、『ママキレイ総研』では、今どきママの浴衣事情を調査するネットアンケートを実施!30代・40代の子どもを持つ女性270名のリアルな声をもとに、ママが上手に浴衣を楽しむためのコツを明らかにしました。

そもそも、みんな浴衣を着ている?

ママ 浴衣 着用率 アンケート 調査

最初に、浴衣の着用経験を聞いたところ、「直近5年間で浴衣を着た」というママは約2割いることがわかりました!5人に1人が「Yes」と回答した計算になりますので、夏祭りや花火大会でママが浴衣を着ても、一人で悪目立ちする状況にはならないはず。

そして、「近所のお祭りで浴衣姿のママ友を見た時に、ママで浴衣もいいなと感じた(埼玉県・43歳)」「幼稚園の盆踊りで、黒を基調にしたシックな浴衣を着ていたママが素敵でした(東京都・48歳)」という声が表すように、子連れで浴衣を着こなすママに対して、多くの人が好感を持つようです。

どんな色が人気?

ママ 30代 40代 人気 浴衣の色ランキング

次に、浴衣の人気色を調査!その結果、落ち着いた印象の黒や紺を選ぶ人が過半数を占めることが判明!一方で、白やピンクなど淡い地色も上位にランクインしています。なお、子どものいない30代・40代女性と比べると、子どもを持つママの場合、汚れが目立つ白を選ぶ人は少なく、逆に、シックで女っぽい紫を選ぶ人が多い傾向が見られました。

浴衣を上手に着こなすコツ

着こなし ゆかた 紺 白 おしゃれ

ここからは、夏祭りや花火大会で、ママがステキに見える浴衣の着こなし方をご紹介します。

Point1:着付けはきちんと美しく!

「幼稚園の集いで、親御さんが白の浴衣を着ていて下着が透けていた(神奈川県・39歳)」というように、浴衣コーデはみんなの注目を集める分、着こなしの失敗も目立ちます。子どもの場合、帯や衿元が少し崩れていても「元気な証拠だね」と微笑ましく思ってもらえますが、母親の浴衣が着崩れていると「だらしない」と見られがち!「お祭りでピシッと浴衣を着こなしていたママが素敵でした(石川県・45歳)」というように、浴衣はきちんとキレイに着るのが鉄則です。着付けはプロにお願いするのがベストですが、難しい場合は、着付け動画などを見て、何度か練習しておくと良いでしょう。

Point2:落ち着いたデザインを選ぶ

浴衣は、着るだけで一気に華やかになるので、“引き算”コーデを心がけるのが大事!お水っぽい感じやギャル系に見えないように、シックで控えめなデザインを選ぶようにしましょう。「花火大会にいた、落ち着いた紫の浴衣を着た女性(小さい子どもを持つお母さん)が素敵だった(東京都・44歳)」「ヘアスタイルも派手すぎず、浴衣の柄も上品で、全体的に清楚な女性がいて、目立ちはしないがとても好感を持てた(東京都・41歳)」というように、母親らしい品のある浴衣コーデを心がければ、反感を持たれたり、イタいと思われたりする心配がありません

Point3:親子コーデなら映える

「お祭りの時、色合いがそろった浴衣を着ている親子がいて、ステキな家族だなと思った(茨城県・37歳)」「花火大会で親子でお揃いっぽい浴衣を来た親子が可愛かった(愛知県・30歳)」のように、家族でリンクコーデするとこなれた雰囲気が生まれます。同じ色柄で合わせるのは少し恥ずかしいと感じる場合は、帯や髪飾りなど小物で合わせるのがおすすめ。

ママにおすすめの親子浴衣コーデ

上手に着こなすコツ3つを元に、2019年夏、ママにおすすめのオシャレな親子浴衣コーデをご紹介します!

1:美しい着付けが参考になるコーデ

 

この投稿をInstagramで見る

 

makarinさん(@makarin_o)がシェアした投稿

娘さんとお祭りに参加したというこちらのママは、着付けのプロ。衿元やおはしょりがピシッと整っていて、凛とした印象です。母親になった今、こんな端正な着こなしを目指しましょう!爽やかな水色は、見た目にも涼しげなので、猛暑にピッタリです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

modern_hatobaさん(@modern_hatoba)がシェアした投稿

こちらも、着付けの先生をされているママです。娘さんと参加する盆踊りの日に選んだのは、マリン風の浴衣と帯!着付けが美しいので、遊び心のあるデザインでも母親らしいきちんと感が生まれます。最近は作り帯や兵児帯を付けるママも増えましたが、やっぱり帯を上手に結んでいるママは、端正に見えて、好印象ですよね。

2:シックでこなれた親子コーデ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rino🌈さん(@rinosuuhi)がシェアした投稿

こちらは、花火大会の時の親子スナップです。コーデのポイントは、紫色の帯と柄の合わせ!高貴で女らしい紫が、なんとも色っぽい印象を作り出してくれます。大人だから似合う、はんなり浴衣美人コーデです。

この投稿をInstagramで見る

 

modern_hatobaさん(@modern_hatoba)がシェアした投稿

こちらは、娘さんと一緒に盆踊りに参加したというママのスナップです。クラシカルな濃紺の浴衣なら、万人受けするので、浴衣を着るのが久しぶりというママでも、気後れせずに着こなせるはず。

 

この投稿をInstagramで見る

 

\ miho /さん(@yonemihoc)がシェアした投稿

こちらのママは、夏祭りの日に白を基調とした浴衣を選んでいます。“レフ版効果”のある白地は、顔映りが良く、夜でも美人見えが叶います。うっかりすると旅館の浴衣っぽく見えてしまう白の浴衣は、モードな柄行きを選び、スタイリッシュに着こなしましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

采椰袈さん(@sayaka_tachibana)がシェアした投稿

こちらのママは、シックな紺の浴衣をセレクトしています。着付けが苦手という人は、結びやすい兵児帯をあえて合わせるのも手です。こちらのグレイッシュなミントカラーの帯のように、都会的な色を選べば、兵児帯でも子供っぽく見えません。

3:オシャレな親子リンクコーデ

 

この投稿をInstagramで見る

 

utahoさん(@utaho0320)がシェアした投稿

こちらは、みんなの目を引く親子リンクコーデです。2人が着ているのは、「utatane」の浴衣。大人っぽい柄行きを選び、帯の色は変えることで、やりすぎ感が出ず、誰でもあか抜けて見えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUM-RHさん(@rikuruiharu100420110519)がシェアした投稿

こちらは、盆踊り大会に参加した日のママと娘さんです。2人の柄はよく見ると異なりますが、色とモチーフでさりげなくリンクさせています。お揃いコーデ初心者におすすめの着こなしです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

utahoさん(@utaho0320)がシェアした投稿

こちらは、浴衣のデザインも帯の色も合わせたリンクコーデです。優しげな淡い地色の浴衣なら、親子で揃って着ても、“頑張ってる感”が出ず、控えめな雰囲気に。

 

この投稿をInstagramで見る

 

IZUMIさん(@___seina____)がシェアした投稿

こちらは、イヤリングやバッグまで完全リンクさせた、かなり上級な親子リンクコーデです。こちらの浴衣も「utatane」のもの。鮮やかな色柄を選ぶ時は、レトロさが漂うデザインを選ぶのがおすすめ。ノスタルジックな雰囲気が、派手さやギャルっぽさを中和してくれるので、ママが着てもイタく見えません。

2019年は、ママも浴衣美人に♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAAYA(25)さん(@kinochan74)がシェアした投稿

浴衣は、子どもと若い女子のためだけのものでもありません。大人っぽい浴衣をキレイに着こなせば、幼稚園や地元のお祭りで浮かず、みんなの憧れの浴衣美人になれるはず。2019年の夏は、あなたも「子連れで和装」を楽しみましょう!

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
分析対象:日本在住の30代・40代の子供を持つ女性270名。
調査時期: 2018年5月